【第7歩】ビジネスパーソンとして「ふつう」の振る舞いをするだけで評価される

いよいよクライアントと直接やり取りをするとき、どのように振る舞ったら良いのか、迷うかもしれません。

その振る舞い次第では、ガンガン仕事を振ってもらえることもありますし、その逆になることも。

しかし、まったく難しいことは不要で、「ふつう」の振る舞いをするだけで妙に評価される傾向にあります。

スポンサーリンク

「ふつう」の振る舞いができないライターが多すぎるらしい

というのも、聞いた話によると、

  • ビジネスパーソンとして「ふつう(=つまり当然)の振る舞い

ができないライターが多数いるらしいのです。

例えば、言葉遣いにネットの軽いノリが入っていたり、ビジネス的なあいさつができなかったり、納期を守ることができなかったり。

なので、今までに一般企業で働いたことがある人であれば、そのときの感覚で振る舞えば、それだけで二重丸です。

むしろ、クライアントはそういう「話が通じる人」を求めています。

社会人経験がないのなら一冊本を購入して勉強する

逆に、これからライターとして稼げるようになりたいけれど、社会人経験がないという人は、急いで新入社員向けのビジネスマナーの本を一冊、何でも良いので読むことをおすすめします。

入社1年目ビジネスマナーの教科書

超・基本的なマナーを再確認するだけで十分(入社1年目ビジネスマナーの教科書

また、ビジネスでメールのやり取りをしたことがない人は、「ビジネスメールのマナー」を学んでおきましょう。

クラウドワークスやランサーズ上でのメッセージのやり取りは、ビジネスメールのマナーに沿って行えば問題ありません。

イラッとされないビジネスメール 正解 不正解

ビジネスメールについての本を読む場合はできるだけ出版日が新しいものを選ぶ(イラッとされないビジネスメール 正解 不正解

これができるのとできないのでは、評価が大きく変わります。身に付けておくと、安心です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク