【第30回】WEBライターが早く書くコツ③毎日1万字目標に書きまくる

書くための環境作りがある程度できたら、とにかく書いて書いて書きまくるシーズンに入ることをおすすめします。

目標は、「1日1万字」です。1万字書けると、「WEBライターとして食える」ゾーンに入ってきます。

スポンサーリンク

1日1万字書けるようになることが目標

最初は、1日に1万字も書けない!という人も多いかもしれません。

が、これは「練習」「慣れ」の世界です。

  • 1日1万字書く

と目標ノルマを決めて、毎日タイピングにいそしみましょう。

書く文章は、クラウドワークス・ランサーズ等で受注できれば何よりですが、できない場合は、自分の個人ブログなどでも構いません

とにかく、コンスタントに1万字を無理なく書ける腕力を作ることが第一です。

1日1万字書けると、たとえ最低ラインの文字単価0.5円で受注したとしても、

  • 10,000字×0.5円=5,000円

になります。1日5,000円稼げたら、月間15万円です

将来的に単価のアップに成功して、1文字5円で書けるようになれば、月間10日稼働するだけで50万円の収入になります。

※ライティングする文章は、個人ブログなどでも構いませんが、WEBに掲載される文章にしてください(紙ベースで読まれることを前提とした文章では、WEBライター特有のノウハウが吸収できないので)

最初は少しずつ文字数を増やしていく

1日1万字といっても、いきなり初日から1万字書き始めると、多くの人が腰痛・または腱鞘炎になります。

参考記事

数週間かけて、1,000字、2,000字、3,000字……、と、徐々に文字数を増やしていくことをおすすめします。

余裕がある人は2万字にチャレンジ

なかには、WEBライター業にチャレンジする前にからライティングする習慣があり、1万字は難なくクリアできるという人も、いるかもしれません。

その場合は、ぜひ2万字にチャレンジしてみてください。毎日は難しくても、週に何回かでも2万字超えを目指します。

  • 量は質を超える

という言葉がありますが、書いて書いて書きまくる時期を過ごすと、それだけで数段、WEBライターとしてのレベルがアップします。

「書いて書いて書きまくる時期」といっても、何年も修行する必要は、まったくありません。書く分野を絞っているWEBライターの場合、書きまくる時期を1〜2カ月過ごすだけでも、ガラッと見える世界が変わってくると思います。

書きまくると見える世界が変わり単価が上がる

私が「1日1万字」のノルマを決めて1カ月こなした後には、文字単価3円以上の契約がどんどん決まるようになり、その後、トントン拍子に5円超えまで到達しました。

WEBライティング特有のお作法」のようなものも、この時期に覚えました。

WEBライター業では、良い文章が書けることはもちろんですが、それ以上に、「SEOを意識した文章」が書けると評価されるということも、わかりました。

単価がある程度上がった後は、できる限り効率的に働きたいので、日々のノルマは決めていません。書く日も書かない日もあります。

ですが、書きまくった数カ月の体験で、急速に稼げるようになった実感があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク