【第36歩】WEBライターは必ずパソコンとスマホの両方で読み直すこと

WEBライターとして記事を書くとき、ほとんどの人が、「パソコン」を使って書くでしょう。

しかし、一方で、その記事が読まれるときには、パソコンよりもスマホが多くなっています

8割・9割がスマホユーザーというサイトも増えています。

スマホユーザーが少なめのサイトであっても、半分以上はスマホユーザーという状況になっていますので、「スマホで読まれることを前提とした記事」の作成が、WEBライターには求められます。

スポンサーリンク

読み直しはパソコンとスマホの両方で行うこと

「パソコンで書いた記事を、必ずスマホでも読み直している」というWEBライターは、どれくらいいるでしょうか?

実はこれが盲点になっています。パソコンでしか確認していない原稿は、サイトの本番環境にアップしてスマホから見たときに、読みづらいことがあるのです。

パソコンで原稿を仕上げたら、必ずスマホでも読み直しする習慣を持ちましょう

「Googleドキュメント」での執筆はスマホでの確認もしやすい

マイクロソフト社のWordなどで原稿を書いている人は、メールなどでスマホに原稿を送信してチェックしましょう。

Googleドキュメントで書いている人であれば、スマホのアプリから原稿チェックができますので、効率的です。

参考記事

私は、Googleドキュメントで原稿を書いていますが、まずはパソコンで書き終えた後、スマホのアプリから原稿チェックし、そのままスマホで直接修正を入れるという段取りで仕上げています。

スマホからの見栄えを整えることができるのはもちろんなのですが、

  • 違う環境から読み直すことで、気付けなかった誤字脱字に気付く

というメリットも実感しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク