【第42歩】記事の掲載先サイトがわかっている場合は研究する

WEBライターとして記事を受注する場合、

  • 掲載先サイトが明示される場合
  • 掲載先サイトが明示されない場合

の2通りがあります。

掲載先サイトが明示されている場合は、ぜひ、掲載先サイトを研究しましょう。

スポンサーリンク

「どういった目的で作られているサイトなのか」を把握する

自分の書く記事が、どこにどんな風に掲載されているのか?」を、把握することは、クライアントの求める記事を書くために、とても役立つ情報です。

どういった目的で作られたサイトで、どういった人をターゲットにしているのか、研究するようにしましょう。

サイトを見てもわからない場合は、クライアントに直接質問するのも良い方法です。

  • ターゲットは誰か
  • どんなキーワードで検索上位を求めているのか
  • 各記事にはどんな役割を持たせているのか

などを把握しておくと、ライティングが格段にしやすくなります。

SEOチェックサイトで日々の検索順位をチェックするのも良い

掲載先サイトや、検索上位を狙っているキーワードが確認できたら、SEOチェックサイトなどを使って、分析してみるのも、理解が深まります。

参考サイト

直しが入っている場合は、その意図を理解する

クライアントによっては、ライターに修正を依頼せずに、自ら直しを入れてから記事をアップしている場合もあります。

その場合は、どのような箇所に直しが入っているのか確認し、次の原稿からは直しが入らないように配慮しましょう。

ユーザー目線から見た意見があれば、伝えると喜ばれることも

客観的にクライアントの制作しているWEBサイトを見ていると、

  • 「ユーザーから見たら、この部分はこうした方が良いのに」

という点が、見つかるかもしれません。

そのときは、クライアントに伝えてみると良いでしょう。

「ただ、請けた記事分のライティングだけをこなす」というWEBライターよりも、

  • 「一緒にサイトを盛り上げていきたい」

という姿勢のあるWEBライターの方が、クライアントにとっては信頼できるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク