【第41歩】重要:気持ちの変化に合わせた文章展開で心をつかむ

WEBライターとして単価をアップさせるとき、一番手っ取り早いのが、「売れる文章」を書けるようになること、と言えるかもしれません。

納品した文章で、すぐに売上として成果を上げることができれば、リピート発注が来やすくなるからです。

スポンサーリンク

売るためのコピーが書ける人は、クラウドワークス・ランサーズ等では珍しい存在

「売るためのコピー」を書ける人は、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトでは、なかなか見掛けません。

そういったコピーが書ける人は、クラウドソーシングサイトではない場所で、普通に仕事をしていることが多いからです。

ということは、逆にいえば、「クラウドソーシングサイトにいる売れるコピーが書けるWEBライター」になることができれば、一気に差別化ができます。

WEBライターとして「売るためのコピーを書く」とは?

一般的なコピーライターは、ネーミング・キャッチコピー・商品説明文など、多岐にわたるコピーを手がけています。

一方、WEBライターが書く文章の多くは、

  • WEBサイトに掲載される「記事」

の体裁を取った文章です。

その記事は、何らかのニーズを持った読者が、自ら選択して読むもの。

そして、その「何らかのニーズ」に対しての、解決策を提示しながら、最終的には狙う商品の成約に結び付けることが、多いでしょう。

大切なのは「読者の気持ちに合わせた文章展開」

「売るコピー」を書くためのテクニックはたくさんありますので、本などで勉強しておくことは、とても役に立ちます。

10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方

最も大切な点をひとつ、挙げるとすれば、

  • 読者の気持ちに合わせた文章展開

という意識です。

何か知りたいことがあって、文章を読んでいる読者。その気持ちに寄り添いながら、

  • 「こう書いたら、きっとこういう疑問が浮かぶだろう」
  • 「こう書いたら、きっとこんなことを不安に思うだろう」

と、「先読み」しながら、文章を展開していくのです。

もし、この先読みがうまくできない場合は、それこそネットを有効活用しましょう。

そのページにアクセスしてくる人が、検索窓に入力するであろうワードをGoogleに打ち込んで、検索です。

検索結果に出てくるページを、1〜3ページ程度、読み込んでみましょう。

ターゲットとなる読者のことを知れば知るほど、その気持ちに合わせた文章展開が、巧みにできるようになります。

それができれば、おのずとWEBライターとしての報酬も、アップしていくはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク