【第9歩】SEOに強い文章の書き方、基本を頭に入れる

私が関わった限り、クラウドソーシングで募集されている案件のほとんどが、「Google検索上位表示を目指すページの原稿」のライティングです。

クライアント(発注者)側には、

  • 「●●のキーワードでGoogle検索したときに、1ページ目に出るようにしたい」

というような明確な目標があることが多く、欲しがっているのは、「SEOに強い原稿」なのです。

スポンサーリンク

SEOに強い文章の書き方とは?

SEOに強い」というのは、具体的にどういうことでしょうか。これは非常に奥が深い問題で、かつ、Google次第で変遷していきます。

DeNA問題が起きる前は、「とにかく記事の大量投下」が良しとされていたようです。そのため、記事の質が下がったとしても、できる限り安い報酬で発注して、大量の記事を投下するための動きをしている発注者が目立ちました。

現在は、「検索上位の競合サイトよりも質が高い記事」が求められる傾向に変わってきました。「検索ユーザーのニーズに応えられる記事」がSEOにも強い、という考え方の発注者が増えているようです。

基本的なテクニック

SEO対策として「記事の質」が求められるようになったことは、高単価を目指すWEBライターにとっては、喜ばしいことです。

それまでは、安い単価でコピペ記事を量産するライターに回っていた報酬がこちらに回ってくるということですから。

だから、記事の質を上げる努力は続けるべきですが、それとは別次元の話で、WEB記事には、SEOに強い記事の基本的なテクニックが存在します。

それは「知る」だけですぐにできるようになる、簡単なノウハウばかりですので、頭に入れておくようにしましょう。

特に日々のライティングにダイレクトに影響するのは、

  • キーワードは適宜「見出し」に含ませる
  • 文中に不自然にならない程度にキーワードを散りばめる
  • 文字数は少ないよりも多い方が評価される

という3つのポイントです。

Googleに好かれる文章を書けるようになることが、高単価につながります。

SEO対策マニュアルを準備しているクライアントも多い

SEO対策については、どのようなポイントに留意して書いて欲しいか、詳しいマニュアルを準備しているクライアントも多く存在します。

PDFで何ページにも渡るマニュアルが送付されてくることもありますが、SEO対策についてベースとなる知識を蓄えておけば、パラパラと目を通すだけで、スムーズに理解できます。

Google対策に絞ったライティング本は、1冊読んでおいて損はありません。

最新のGoogle対策!  これからのSEO Webライティング本格講座

クライアントが求めていることがわかる一冊(最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座

スポンサーリンク
スポンサーリンク